資金調達や企業・事業再生なら大阪の【アーバンベネフィット】東京や名古屋、福岡でもご相談下さい

資金調達や企業・事業再生なら大阪の【アーバンベネフィット】東京や名古屋、福岡でもご相談下さい
資金調達 HOME -> 事例集 -> 代表者個人への貸付金精算を目的とした資金調達

サービス一覧

サービス一覧

事例集

事例集

最新セミナー&これまでのセミナー
メディア掲載情報
関西事業再生支援センター

代表者個人への貸付金精算を目的とした資金調達

大手上場会社の下請けとして安定した業績を上げていたが、決算書のバランスシートには
代表者個人への貸付金が1,000万円あり、「個人へ会社の資金を流用するような
先への発注は今後難しくなる可能性がある」と急に言われた。
このままでは受注が大幅に減少し、資金繰りに困窮しかねない。

代表者個人は既に住宅ローンを完済していた。 自宅を担保に代表者個人で資金調達が
できないか地元の某信用組合へ相談。
会社の業績も安定していたこと。
代表者個人のお人柄も高い評価が得られ、会社からの借入金精算資金として資金調達に成功。

資金調達額 1,000万円

ページトップへ戻るページトップへ戻る

資金調達 緊急相談窓口を開設しました

Copyright c 2016 アーバンベネフィット株式会社 All Rights Reserved.